828モデルのタバコ用水分計は、瞬間的非接触方式のMoistTechのNIR(近赤外線)オンラインタイプ水分量センサーで、タバコ加工処理専用に特別にデザインされています。タバコの加工処理が行われる厳しい条件の下でも最適な性能を発揮するために、精密なフィルターとアルゴリズムが使われています。性能・安定性・信頼性・保守性・所有コストで圧倒的に優れており、初期加工・葉の加工・タバコの切断などの処理において、828モデルのタバコ用水分計こそが水分量を調節するための正しい選択肢です。

828モデルのタバコ用水分計は、瞬間的非接触方式のMoistTechのNIR(近赤外線)オンラインタイプ水分量センサーで、タバコ加工処理専用に特別にデザインされています。タバコの加工処理が行われる厳しい条件の下でも最適な性能を発揮するために、精密なフィルターとアルゴリズムが使われています。性能・安定性・信頼性・保守性・所有コストで圧倒的に優れており、初期加工・葉の加工・タバコの切断などの処理において、828モデルのタバコ用水分計こそが水分量を調節するための正しい選択肢です。

1秒間に何千回もの測定を行うMoistTechの828 NIR処理センサーを使えば、お使いの方がオンライン処理を最適化し、製品の品質を劇的に向上させることができ、これによって、省エネ化するとともに、物質の損失を減らして潜在的な生産性の向上を達成することができます。

828モデルは、最も過酷な場所にも設置できる最先端のコンポーネントを使用しています。さらに、小さなギャップ・不活性材料・外的物体・ベルトコンベヤやスクリューコンベヤが測定値の計算から除外されるMoistTechの製品損失ソフトウェアの性能によって、最も正確な真の水分量の測定値を提供します。

828モデルの設置場所

828モデルのタバコ用水分計は、ドライヤー(調節シリンダ)・カッター・ロースター・再構成されたラインなど、様々な場所で使用できます。828モデルは、ベルトコンベヤ・スクリューコンベヤ・ドラッグコンベヤ・ダウンシュート・貯蔵ビン・流体ベッドドライヤーなどにも設置することができます。お客様の特定の用途については、工場までご相談ください。
オンライン分析:土台やスタンドのオプションを加えることで、オンラインの作動条件の下でオフラインまたはオンラインで素早く計測することができます。

828モデルの用途

828 Tobacco online2MoistTechは、水分量の試験・測定・調整に使われる、非常に正確なNIR(近赤外線)センサーとソフトウェアにおける世界的な評価を得ています。新しく開発された828モデルのタバコ用水分トランスミッターとソフトウェアは、あらゆるタバコ加工処理における数々のコンポーネントに合わせて設定・較正することができます。

タバコ加工においては、水分の測定が現在も最も一般的に必要とされる性能ですが、828モデルが複数のコンポーネントを使用できることにより、ニコチン・砂糖・香料・温度などを測定することもできます。

MoistTechの製品が正確で精密な水分量の試験・測定・調節を行うために最適な、典型的な水分量センサーの用途をどうぞご覧ください。加えて、MoistTech製品の用途としては、水分の測定のためだけでなく、被膜の厚み・樹脂の成分・油・タンパク質・脂肪・ニコチン・砂糖・香辛料・プラスチックフィルムの厚み・その他多くの構成要素に対する測定と調節など、その他の用途に対しても何千台もの水分分析計が設置されています。

タバコ産業における使用事例:

MoistTechのNIR分析装置である828モデルタバコ用水分計は、タバコの葉や初期処理のどんな場所でもタバコの水分のオンライン分析に使うことができます。以下の表は、使用方法とそれぞれのタバコの水分測定の一般的な範囲を示しています。サンプリングと試験方法によって、正確性を高めることができます。葉全体または細く切ったタバコは、素材のばらつきにより、最後まで切断されたタバコに比べて、サンプリング誤差がより大きくなります。

使用方法 水分量 正確性
葉全体または細切りの新鮮なタバコの葉 5-35% 0.25%
もしくは初期処理/葉脈の除去 5-35% 0.25%
もしくは初期処理/葉脈の除去 15-30% 0.20%
完成したタバコのブレンド 12-18% 0.05%
切断し巻かれた葉脈・水処理された葉脈 20-50% 0.20%
拡張されたタバコ 5-15% 0.10%
巻かれたタバコの葉脈 10-20% 0.15%
ショーツ(タバコの切れ端) 10-15% 0.20%
パイプタバコ 12-25% 0.20%
噛みタバコ 10-40% 0.30%
葉巻のフィラー 10-20% 0.20%

オンライン水分量トランスミッターは、単独で、もしくは複数のセンサーと設定して、使用することができます。

828モデルとの通信

センサー読み取り部との通信は、ラップトップ・コンピューター、PCベース・タッチスクリーン操作インターフェイス、RS232/422/485による工場全体のネットワーク、およびEthernet TCP/IPを介して行なわれます。新しいプロトコルは、使用される処理環境の変化に合わせて継続的に発展させられます。現在のI/Oには、独立した自己動力式のアナログ出力(4-20mA)3つが含まれています。