正確なスナック食品の水分レベルを把握していることは、様々な加熱段階でとても大切な要素になりました。スナック食品の製品は、水分が多すぎたり少なすぎたりする状況に簡単になり、生産者の時間や費用を無駄にするとともに、最終製品の品質に影響を与えます。

業界のパートナーによる協力と30年の知識のおかげで、MoistTechは、加熱プロセス中のスナック食品の水分レベルを測定するために最適なIR 3000水分センサーを開発しました。このセンサーは食品等級のテフロン加工が施されており、また、高分子の確認ウィンドウがありますので、生産者が汚染することなく製品の品質を改善させることができます。

スナック食品用水分センサーの設置

 MoistTechのスナック食品用水分センサーを、包装部分に近いオーブンの出口に設置することで、冷却しながらスナック食品を安定化させる時間を作ることができます。オーブンから1分後が理想的です。センサーをベルトコンベヤやスクリューコンベヤの数インチ上に設置するようにしていただくと、加熱作業を行う方が継続的にプロセスをモニターすることができ、最終製品の水分含有量を手動または自動で管理することができます。スナックに油が吹きかけられる場合には、油の被膜からの反射を削減するような角度でセンサーを設置することが大切です。

作動環境

高熱な条件になる可能性があるオーブン出口付近にセンサーを設置しなければならない場合には、風または水によって、センサーを冷却する必要があります。さらに、センサーが油の吹き付け場所の近くに設置される場合には、定期的な清掃の一環として、センサーの光学窓を清掃する必要があります。

スナック食品の水分を管理する利点

  • 製品の品質向上
  • エネルギーコストの削減
  • 立ち上げ時間の短縮
  • 廃棄量の削減
  • 100%の製品検査
  • 稼働停止時間の減少

 MoistTechは、スナック食品の製造における要件について、とても多くの経験を積んでいます。当社の水分センサーの較正、測定波長、アルゴリズム、センサーの光学的要件は、工場で事前設定されております。通常の水分計測の精度はおよそ±0.1%です。通常のアナログでの水分測定範囲は0〜10%です。乾燥した鉱物の水分分析では、±0.1%の精度が期待できます。出力は、PLCまたは記録上の要件に合わせて、最適な設定に調節することが可能です。より詳しい情報や個別の使用法に関するご相談については、当社の本社までお問い合わせください。

 

MoistTechのスナック食品用水分センサーは、以下の食品の製造について重要な役割を担っています。