Screen Shot 2015-02-15 at 7.36.35 PM 水分はどんな製造プロセスにおいても重要ですが、おがくず・繊維くず・ウッドチップ・ペレット・鋸くず・かんなくず・林業廃棄物などの場合には、過剰な水分が製品を台無しにすることがあります。労力が無駄になること以上に悪いことは、経済的な損失や生産性の低下です。

 しかし、今日の新技術を使えば、水分レベルを簡単に管理することができます。MoistTechでは、非接触で水分をモニタリングできるIR 3000水分センサーを開発しました。。

研究所でもライン上でも、バイオマス燃料の水分試験と水分管理ができることを保証致します

 

再生可能エネルギー資源の水分を管理する利点

  • 廃棄量の減少
  • エネルギーコストの低下
  • 製品の品質向上
  • 100%の製品検査
  • 稼働停止時間の減少

設置

 再生可能エネルギー資源用の水分センサーは、コンベヤや処理ラインの上部のしっかりした場所に設置するようにしてください。製品からの距離は、平均8インチの範囲に入るようにしてください。このようにセンサーを設置することで、センサーがプロセス全体を通じた継続的な計測結果を提供することができます。これによって、継続的にプロセスをモニターすることができ、手動もしくは自動で、水分量を管理することができます。

 

作動環境

再生可能エネルギー資源用水分センサーは、それぞれ飛散する粒子が凝結することを防ぐ光学窓を標準装備しております。損傷を与えるような物質の蓄積を防ぐために、当社では光学窓を時々清掃することをお薦めしております。粒子がより長期間蓄積するほど、除去することが難しくなりますので、しっかりとご自分で判断していただいた上で、清掃の日程を決定してください。

 MoistTechは、再生可能エネルギーを正常に製造するための要件を理解しております。当社の水分センサーの較正、測定波長、アルゴリズム、センサーの光学的要件は、工場で事前設定されております。通常の水分計測精度はおよそ±0.1%です。通常のアナログでの水分測定範囲は0〜10%です。出力は、PLCまたは記録上の要件に合わせて、最適な設定に調節することが可能です。個別の水分センサーの使用法に関するご相談や追加情報の請求については、MoistTechの本社までお問い合わせください。

当社の再生可能エネルギー資源用水分センサーは、以下の用途に使うことができます。