印刷物加工、新聞印刷用紙、ティッシュや波型線状パルプなどの紙製品が正確な水分レベルを持つことは、生産工程の重要な要素になりました。紙の湿度が多すぎたり少なすぎたりすることは簡単に起こり、生産者の時間や費用を無駄にしてしまいます。業界のパートナーによる協力と30年の知識のおかげで、MoistTechは、水分レベルの測定に最適なIR 3000 水分センサー水分センサーを開発しました。紙や印刷物の加工プロセスにおける水性および油性のコーティングやコーティングの厚みなどの測定にも最適です。製造業者は、製品の品質を向上させることができ、大幅に費用を節約することで生産性を向上させます。

設置

紙や印刷物の加工プロセスにおいては、生産工程の中で紙用水分センサーを使用できる場所はたくさんあります。設置場所は、空間的余裕や巻取紙/印刷物加工用機械へのアクセスしやすさ、または生産工程の水分管理プランなどによって、決められることが多くあります。一度設置されたら、生産者は継続的にプロセスをモニターすることができ、手動もしくは自動で、含有水分量を管理することができます。

紙の水分分析を行う利点

  • 製品の品質向上
  • エネルギーコストの節約
  • スクラップの削減
  • 生産性の向上
  • 100%の製品検査
  • 稼働停止時間の減少
  • 非接触方式の瞬間水分測定

paper12 MoistTechは、紙や印刷物の加工プロセスにおける要件について、とても多くの経験を積んでいます。当社の水分センサーの較正、測定波長、アルゴリズム、センサーの光学的要件は、工場で事前設定されております。通常の水分計測の精度はおよそ±0.05%で、コーティングの精度は、コーティングの種類に応じて、0.1から0.01ミクロンの範囲で変動します。通常のアナログでの水分測定範囲は0〜10%で、使用法によっては最大40%になります。乾燥した鉱物の水分分析では、±0.1%の精度が期待できます。出力は、PLCまたは記録上の要件に合わせて、最適な設定に調節することが可能です。より詳しい情報や個別の使用法に関するご相談については、当社の本社までお問い合わせください。

MoistTechの分析装置は、以下のような紙の用途のためのプロセスで重要な役割を担っています。