現在、多くの原材料が重量に基づいて販売されているため、食品や焼き菓子等を処理する過程を通じて、使用されている材料の水分量を把握しておくことは、この業界において最も重要な要素の1つとなりました。MoistTechの水分センサーは、生産者の使う原材料の成分において水分量を素早く試験することができ、材料を購入する工場の費用を効果的に節約することができます。

SAMSUNG また、水が最終生産物の品質や均質性に影響を与えるため、食品加工プロセスの混合段階での含有水分量を知ることは、大切です。混合物内の水分にばらつきがあったり、過剰であったりすると、ダマができたり、レシピの配合から外れてしまったりすることがあります。この作業中に食品の水分量を試験することで、水分量を管理するために混合プロセスを調整することができるようになります。

生産者は、最高の最終製品を作ろうとします。製品に含まれる水分量は、味、見た目、均質性、安定性、保存期間などに影響を与えます。最終製品の水分量を試験することによって、生産者は最高品質の製品と均質性を担保することができます。

最終製品の水分が多すぎたり少なすぎたりすることは、食品生産者の主要な懸念です。食品の中には重さに応じて販売されるものがあり、こうすることで費用を削減し、商品の脂肪やカロリーを抑え、乾燥しすぎることを防ぐことができます。水を加えすぎると、商品の新鮮な味を損ね、ひどい時には細菌やカビの発生を招くことがあり、舌触りに影響を与えることがあります。

同時に、加工プロセスを通じて水分量を把握することによって、生産者がエネルギーや燃料の費用を節約できるようになり、また、廃棄する製品の量を減らすことができます。継続的にNIRでオンライン水分計測を行うことで、生産者は水分レベルをモニターすることができ、これによって、順次、オーブン・乾燥機・ロースター・フライヤーなどを厳密に管理することができ、最低限のエネルギーで生産プロセスを最適化することができます。

業界のパートナーによる協力と30年の知識のおかげで、MoistTechは世界中何千カ所もの場面で、スラリーから粉末まで、幅広い食品に使用されています。当社では、NIRによる水分計測の継続的な計測結果を見るためのオンライン測定用水分センサーも、ライン付近での現場試験または品質管理ラボなどで使用する研究所用NIR水分センサーも、両方とも提供しております。

当社は主に水分に注目していますが、たんぱく質、脂肪/油分、砂糖、調味料、カフェインなどNIR光線を吸収する成分/要素の継続的なオンライン測定のための分析装置も提供しております。

多くの食品企業が、社内もしくは外注によって、多くの計測器を基本的な参考情報のために使用していることを認識しているため、MoistTechのNIR水分センサーは設定や使用が簡単になっており、作業中の成分の損失がないことによって、瞬時に正確な計測結果を提供することができます。さらに、瞬間的な計測を行うことによって、生産者は分析コスト、配送時間、配送コストなどを節約することができます。

HEB TORTILLA #2MoistTechは、あらゆる種類の食品製造における要件について、とても多くの経験を積んでいます。当社の食品用水分センサーの較正、測定波長、アルゴリズム、センサーの光学的要件は、工場で事前設定されております。乾燥した製品の水分分析では、0.2〜0.5%の精度が期待できます。脂肪/油分の計測およびたんぱく質に関する精度は、使用法によって変わります。出力は、PLCまたは記録上の要件に合わせて、最適な設定に調節することが可能です。より詳しい情報や個別の使用法に関するご相談については、当社の本社までお問い合わせください。

食品用水分センサーの設置

当社では、包装部分に近い、オーブン・フライヤー・乾燥機などの出口にセンサーを設置することをおすすめしており、そうすることで冷却中に食品が安定する時間を確保することができます。食品用水分センサーは、ベルトコンベヤやスクリューコンベヤの数インチ上に設置すべきもので、そうすることにより、その処理を継続的にモニターすることができ、また、最終製品の水分量を手動または自動で管理することができます。

食品に対する水分分析の利点

  • 製品の品質向上
  • エネルギーコストの節約
  • 廃棄量の減少
  • 100%の製品検査
  • 稼働停止時間の減少

MoistTechの食品用水分センサーは、以下の食品にとって重要な役割を果たします。